はじめに

 川の中には水の汚れに応じていろいろな生き物がすんでいます。そのためどんな生き物がいるかを調べれば,その川の環境の状態を知ることができます。
 ここでは,川の中の石の表面などで生活している生き物から水の汚れを調べる方法をまとめています。
 川の中の生き物で,水の汚れの程度を調べてみましょう。


調査の仕方

1) 調査に適した場所

・水の深さがひざぐらいまでのところ(深みがあるような危険なところはさけましょう)

・川の底にミカンからスイカ位の石の多いところ

・水の表面が“波立つ”位の水の流れのところ
2) 調査に必要な道具

受け網 バット(底が白くて平らな容器) 虫めがね

3) 生き物(虫)のとり方


 川の流れに向けて網を立て,網の前の石を手や足で動かして,石の表面や石の間にいる生き物を網の中に流し込み,集めた生き物をバットにとります。

 網がない場合には,川底の石を静かに持ち上げバットに入れ,石の表面にいる生き物をとります。


4) 記録の仕方


 採集した生き物の中には外観のよく似たものがいます。生き物の名前を調べるときは写真を参考にして決めて下さい。
 名前がわかったら,“記録表”に○を記入しましょう。
 その他の生き物や川で見かけた魚,鳥,植物なども名前がわかったら,記録しておきましょう。
    記録表    川の中の生き物(写真)


5) 水の汚れの程度の判定

 とれた生き物の点数を合計し,合計点数を種類数で割って平均点数を計算します。
 平均点数が高いほどきれいな水ですが,大まかな目安としては次の値を参考にしてください。

水辺の観察  平成13年 3月発行
平成15年12月改訂
編集発行 福岡県保健環境研究所 環境生物課・研究企画課
〒818−0135  福岡県太宰府市大字向佐野39
TEL (092)921-9941  FAX (092)928-1203


キッズコーナーへもどる


トップページへもどる