福岡県レッドデータブック

文字サイズ
文字サイズ「小」に切り替えます
文字サイズ「中」に切り替えます
文字サイズ「大」に切り替えます
検索

種の解説

サギソウ

学名:Habenaria radiata (Thunb.) Spreng.

しおりを挿む

RDB2001概説

分類群 維管束植物
科名 ラン科 Orchidaceae
RDB2001カテゴリー 絶滅危惧ⅠA類
環境省カテゴリー 絶滅危惧Ⅱ類
生息状況・危機の状況・選定理由 1950年代には普通に生育していたが,1970年代中頃にはまれな植物となっていたようである。近年では,生育地が数カ所しか現存しておらず,1生育地を除くと現存個体数も極めて少ない。開発や遷移の進行による平野部の湿地の消滅に加え,園芸用の乱獲によって,個体数が減少した。ある生育地では,乱獲により個体数が激減した後に,同生育地から採集した球茎から栽培したとされる個体が植え戻された経緯がある。このため,同地では多数の個体が生育しているが,遺伝的多様性は低下している可能性が高い。
分類・形態 地下部の楕円形の球茎から高さ15~40cmの茎が直立し,下部に数枚の葉がつく。球茎からは短い走出枝も出し,その先端に更に球茎ができる。7~8月に,数個の白色の美しい花が開花する。
分布情報 MAP
分布(県外) 本州~九州
法令などの指定状況 北九州国定公園指定植物
生息環境
  • 湿原・池
執筆者 (真鍋)
補足情報

2011版データを見る

Copyright © Fukuoka Prefecture All right reserved.