福岡県レッドデータブック

文字サイズ
文字サイズ「小」に切り替えます
文字サイズ「中」に切り替えます
文字サイズ「大」に切り替えます
検索

種の解説

ダンコウバイ

学名:Lindera obtusiloba Blume

しおりを挿む

RDB2001概説

分類群 維管束植物
科名 クスノキ科 Lauraceae
RDB2001カテゴリー 絶滅危惧Ⅱ類
生息状況・危機の状況・選定理由 高さ2mあまりの落葉低木で,ほとんどが夏緑樹林帯の乾燥した凝灰岩上に自生しており,生育環境が限られている。
分類・形態 今年枝では目立たないが,古い枝では楕円形の皮目が明瞭。葉は互生し長さ5~10cm,幅4~9cmで,普通,葉の上部は浅く3つに分かれる。3つの裂片のうち中央の裂片の先端はややとがっているが,側裂片の先は丸くなっている。シロモジの葉に似ているが,裂片の切れ込みの深さや側裂片の形が異なる。3月下旬頃,新葉の展開に先立って開花する。花序は前年枝についた芽に数個つき,散形花序。雌雄異株のため雄花序と雌花序がある。花は黄色。
分布情報 MAP
分布(県外) 本州(関東地方,新潟以西)~九州
分布(国内) 朝鮮半島,中国東北部
生息環境
  • 山地森林
執筆者 (熊谷)
補足情報

2011版データを見る

Copyright © Fukuoka Prefecture All right reserved.