福岡県レッドデータブック

文字サイズ
文字サイズ「小」に切り替えます
文字サイズ「中」に切り替えます
文字サイズ「大」に切り替えます
検索

種の解説

モウセンゴケ

学名:Drosera rotundifolia L.

しおりを挿む

RDB2001概説

分類群 維管束植物
科名 モウセンゴケ科 Droseraceae
RDB2001カテゴリー 絶滅危惧Ⅱ類
生息状況・危機の状況・選定理由 日当たりのよい湿地に生える多年草で食虫植物。県内ではまれに見られ,日当たりのよい貧栄養な湿地や水のしたたる崖斜面などに生育する。丘陵地の小湿地では,湿地の乾燥化や開発,園芸用の採取などにより,個体数が減少,あるいは消滅した場所もある。
分類・形態 根出葉はロゼット状になり,葉身は倒卵状円形で,長さ5~10mm,表面に紅色の腺毛がある。6~8月,高さ6~20cmの花茎が伸び,総状花序がつく。花弁は5枚,白色で長さ5mm前後。
分布情報 MAP
分布(県外) 北海道~九州
分布(国内) 千島,サハリン,朝鮮半島,北半球の温帯~亜寒帯に広く分布
法令などの指定状況 北九州国定公園,玄海国定公園,耶馬日田英彦山国定公園指定植物
生息環境
  • 湿原・池
執筆者 (須田)
補足情報

2011版データを見る

Copyright © Fukuoka Prefecture All right reserved.