福岡県レッドデータブック

文字サイズ
文字サイズ「小」に切り替えます
文字サイズ「中」に切り替えます
文字サイズ「大」に切り替えます
検索

種の解説

ツゲ(アサマツゲ)

学名:Buxus microphylla Sieb.et Zucc. var. japonica (Muell. Arg. ex Miq.) Rehder et Wills.

しおりを挿む

RDB2001概説

分類群 維管束植物
科名 ツゲ科 Buxaceae
RDB2001カテゴリー 絶滅危惧Ⅱ類
生息状況・危機の状況・選定理由 石灰岩地に限られる。香春岳では断崖に生育しており,古処山では山頂一帯に群落を形成している。古処山はツゲの原生林として国の特別天然記念物に指定されている。
分類・形態 古処山のツゲにはアサマツゲのほかにオオヒメツゲがあるとされてきたがここでは区分を避けた。主幹があり,高さは数mに達する。幹は灰色,小枝には4稜がある。葉は対生し倒卵形~広倒卵形,厚く光沢がある。長さ1~1.5cmで円頭から凹頭,全縁。日照,乾燥のきびしい香春岳では葉は茶色を帯びている。
分布情報 MAP
分布(県外) 本州(関東以西)~九州,屋久島
法令などの指定状況 筑後川県立自然公園指定植物;国指定天然記念物,甘木市大字江川字古処山,嘉穂郡嘉穂町大字千手(古処山のツゲ原生林)
生息環境
  • 山地森林
執筆者 (熊谷)
補足情報

2011版データを見る

Copyright © Fukuoka Prefecture All right reserved.