福岡県レッドデータブック

文字サイズ
文字サイズ「小」に切り替えます
文字サイズ「中」に切り替えます
文字サイズ「大」に切り替えます
検索

種の解説

サワシロギク

学名:Aster rugulosus Maxim.

しおりを挿む

RDB2001概説

分類群 維管束植物
科名 キク科 Compositae
RDB2001カテゴリー 情報不足
分類・形態 日当たりのよい酸性の湿地にはえる多年草。地下茎は細長くはう。茎はやせて直立し,高さ50~60cm,無毛。葉は線状披針形,下部の葉は長柄があって柄とともに7~17cm,幅1.5cm,まばらに鋸歯があるか全縁,やや硬く,表面の脈はへこんでしわがあり,縁に微硬毛があってざらつく。中部の葉は披針形,長さ7~10cm,幅9~12mm,花は8~10月。頭花は少なく,長柄があり,径27mm,総苞は半球形で長さ4.5~5mm,片は3列,外片は短く広卵形か楕円形,長さ1~2mm,円頭で,縁に微毛がある。舌状花は1列,白色のちに紅紫色を帯びる。筒状花の花冠の長さ6~7.5mm。そう果は倒披針状長楕円形,やや円く,長さ3mm,幅1mm,縁どりがあり,面に1~2肋があって,短毛がある。冠毛は汚白色で長さ4mm,毛は多数あり,ざらついて,外側のは短く,内側のは長く,先はわずかに太くなる。
分布(県外) 本州~九州
執筆者 北村四郎
補足情報

2011版データを見る

Copyright © Fukuoka Prefecture All right reserved.