福岡県レッドデータブック

文字サイズ
文字サイズ「小」に切り替えます
文字サイズ「中」に切り替えます
文字サイズ「大」に切り替えます
検索

種の解説

キスゲ

学名:Hemerocallis citrina Baroni var.vespertina (Hara) M.Hotta

しおりを挿む

RDB2001概説

分類群 維管束植物
科名 ユリ科 Liliaceae
RDB2001カテゴリー 情報不足
分類・形態 山地の草原,林縁などのやや乾いた所にはえる多年草。根に紡錘状のふくらみがない。葉は線形,長さ40~60cm,幅5~15mm。花茎は高さ100~150cm。花は7~9月に開き,花序が分枝し,つぎつぎに咲きつづける。花は夕刻に開き,翌日午前中に閉じる。花被はレモン黄色で,やや芳香がある。花被片の長さや幅は個体によっていろいろである。花被片の長さ6.5~7.5cm,花筒は長さ2.5~3cm。雄蕊は花被片より短く,葯は黒紫色。花柱は雄蕊よりやや長い。蒴果は広楕円形で長さ約20mm,先がへこむ。種子は卵形,黒色でつやがあり,長さ5mm内外。
分布(県外) 本州,四国,九州
執筆者 佐竹義輔
補足情報

2011版データを見る

Copyright © Fukuoka Prefecture All right reserved.