福岡県レッドデータブック

文字サイズ
文字サイズ「小」に切り替えます
文字サイズ「中」に切り替えます
文字サイズ「大」に切り替えます
検索

種の解説

タカブシギ

学名:Tringa glareola Linnaeus, 1758

しおりを挿む

RDB2001概説

分類群 鳥類
目名 チドリ目
科名 シギ科 Scolopacidae
RDB2001カテゴリー 絶滅危惧Ⅱ類
生息状況・危機の状況・選定理由 県内ではかつて淡水湿地性のシギとして最も普通種であり,渡来数も多かったが,近年渡来数は減少している。生息環境である水田やハス田の減少が渡来数減少の一因であるが,まだ水田やハス田が残っている地域でも減少しているので,農薬などによる餌生物の減少なども考えられる。また繁殖地や越冬地,渡りの中継地など世界規模での淡水湿地の減少や環境悪化が,本種を含む淡水湿地性の鳥類の減少の原因となっている。
分類・形態 全長22cm。嘴,足が長いスマートなシギ。上尾筒は白く,飛ぶと目立つ。足は黄色。桐原ら(2000)参照。
分布情報 MAP
分布(県外) 日本には旅鳥として,全国各地に渡来する。越冬記録もある。
分布(国内) ユーラシア大陸の亜寒帯地域以北で広く繁殖し,冬はアフリカ,インド,東南アジア,オーストラリアなどで越冬する。
生活史・生態・生息地 本種は淡水の湿地を好み,県内では主に水田やハス田などで見られることが多い。干潟や海岸で見られるのはまれ。旅鳥として渡来し,春は4月~5月,秋は8月~10月に見られる。冬季の記録もあるが,まれである。湿地を歩きながら嘴を泥に浅く入れ,昆虫類の幼虫などを捕食する。
生息環境
  • 水田・水路
  • 湿原・池
  • 河川
  • 河口・干潟
執筆者 (岡部)
補足情報

2011版データを見る

Copyright © Fukuoka Prefecture All right reserved.