福岡県レッドデータブック

文字サイズ
文字サイズ「小」に切り替えます
文字サイズ「中」に切り替えます
文字サイズ「大」に切り替えます
検索

種の解説

カササギ

学名:Pica pica sericea Gould, 1845

しおりを挿む

RDB2001概説

分類群 鳥類
目名 スズメ目
科名 カラス科 Corvidae
生息状況・危機の状況・選定理由 我が国では,北部九州域のみに生息し,分布は局地的であるが,世界的には広く分布している。県内での1974~1975年と1985年の生息分布調査および1982~1986年の鳥類分布調査(福岡県 1991)では,平野部から山麓へと,カラスと競合する地域でも確実に生息域を広げていて,前原市,福岡市域(雁の巣,室見川中流域,那珂川流域),小石原村,杷木町,黒木町でも繁殖している。久留米市,柳川市,大川市,筑後市,三橋町,大和町,瀬高町,山川町,三瀦町,大木町,城島町が天然記念物の指定地域となっているが,この地域での生息は増加,拡大している。しかし,近年営巣に適した大きな樹木が少なくなったこともあって,電柱に営巣する割合が急増している。分布中心地での天然記念物指定により,電柱への造巣が黙認されてきた過去の経緯が,分布拡大と関連していると考えられる。
分類・形態 全長45cm。ハシボソガラスより小さく,尾が長い。肩羽,腹,初列風切は白く,それ以外は光沢のある緑黒色。
分布情報 MAP
分布(県外) 佐賀県の南部域を中心として長崎県の一部,熊本県北部に生息している。
分布(国内) 種全体としては,ユーラシア大陸の大部分,北アメリカの西半分,アフリカの一部に生息,繁殖している。本亜種はアムール川流域から朝鮮半島,中国南部,東南アジアの中南部までに分布
生活史・生態・生息地 留鳥で,早春,樹木や電柱の上に小枝などで,直径1mに及ぶ球形の巣を作る。電柱の巣で巣材に針金を使用したものがショートして停電の原因となることがある。若鳥は巣立後1カ月で独立した群れをつくり,11月下旬から12月にかけてつがいをつくる。
法令などの指定状況 文化財保護法(地域指定の天然記念物)
生息環境
  • 水田・水路
  • 草原
  • 低地森林
  • その他
執筆者 (松富士)
補足情報
Copyright © Fukuoka Prefecture All right reserved.