福岡県レッドデータブック

文字サイズ
文字サイズ「小」に切り替えます
文字サイズ「中」に切り替えます
文字サイズ「大」に切り替えます
検索

種の解説

トビハゼ

学名:Periophthalmus modestus Cantor

しおりを挿む

RDB2001概説

分類群 魚類
目名 スズキ目
科名 ハゼ科 Gobiidae
RDB2001カテゴリー 絶滅危惧ⅠB類
県内地域カテゴリー 豊・有-普通,筑-絶滅危惧ⅠB類
生息状況・危機の状況・選定理由 生息地が河口付近の泥質干潟に限られるため,特に筑前海流入河川では干潟の埋立や護岸工事などによって,その生息地が近年急激に減少,分断化している。一方,有明海や豊前海側では,生息地の数,面積,個体数などに近年大きな減少はないものと考えられるが,干潟の埋立や護岸改修工事による生息地の減少が危惧される。
分類・形態 日本に生息するトビハゼ属は,本種および奄美大島以南に生息するミナミトビハゼの2種である。別属のムツゴロウとの違いについてはムツゴロウの項を参照。皮膚は陸上生活に適した特殊構造になっており,表皮には毛細血管網が発達している。全長約10cmに達する。
分布情報 MAP
分布(県外) 東京湾~沖縄本島
分布(国内) 朝鮮半島,中国
生活史・生態・生息地 産卵期は有明海で5月下旬~8月中旬,深さ15~30cmの孔を掘って産卵床を作る。卵は付着糸をもつ沈性付着卵で,受精後約1週間で孵化する。孵化仔魚は全長2.1~2.9mmで,浮遊生活を送ったあと約15mm(有明海で8~9月)に達すると着底し,水陸の両生生活に入る。約1年で体長約5cmとなって成熟する。寿命は2~3年。
 生息地は泥質の河口や内湾の干潟で,巣穴や産卵床形成のために20cm以上の厚いシルト層が必要である。その他,なわばりを形成するため,1個体あたりある程度の面積が必要である。また水浴びをするための小さな水たまりや澪も必要である。
生息環境
  • 河川
  • 河口・干潟
執筆者 (高比良)
補足情報

2014版データを見る

Copyright © Fukuoka Prefecture All right reserved.