福岡県レッドデータブック

文字サイズ
文字サイズ「小」に切り替えます
文字サイズ「中」に切り替えます
文字サイズ「大」に切り替えます
検索

種の解説

ゲンゴロウ

学名:Cybister japonicus Sharp, 1873

しおりを挿む

RDB2001概説

松井英司

松井英司

分類群 昆虫類
目名 コウチュウ目
科名 ゲンゴロウ科 Dytiscidae
RDB2001カテゴリー 絶滅危惧Ⅰ類
環境省カテゴリー 準絶滅危惧
生息状況・危機の状況・選定理由 1940年代までは県内に広く分布していたと見られ,福岡市,田川市,若松区などの記録があるが,その後,少なくとも50年以上は全く記録がない。北海道や本州では,まとまって得られる地域も多いが,農薬散布・ほ場整備・池沼や湿地の埋立や護岸などによって,かつての生息環境が破壊されたことで,九州では激減しており,福岡県では絶滅した可能性もある。
分類・形態 体長約33mm~42mm。背面は緑色~褐色を帯びた暗褐色で,雄は強い光沢があるが,雌では光沢が弱い。前胸背板から上翅の側縁部は,淡黄色に縁取られる。
分布情報 MAP
分布(県外) 北海道,本州(青森~山口),四国(徳島,高知),九州(宮崎を除く各県),佐渡島,対馬,屋久島,西表島
分布(国内) 台湾,朝鮮半島,中国,シベリア
生活史・生態・生息地 成虫は,主に弱った魚や動作の鈍い水生昆虫などを捕らえ,強力な顎でかじり取って食べる。幼虫は,終齢では80mmにも達し,動くものは何にでも反応して大顎で捕らえ,消化液を送り込み,消化して吸い込む。成虫で水中越冬し,翌春~夏に水草の茎に穴を開け,1個ずつ産卵する。卵は2週間ほどで孵化し,約2カ月で成虫になる。蛹化は土中で行われる。通常2~3年は生きるようである。生息地は,主に平野部から山間部の水草の多い池沼,水田,休耕田や湿地などである。
生息環境
  • 水田・水路
  • 湿原・池
執筆者 (松井)
補足情報

2014版データを見る

Copyright © Fukuoka Prefecture All right reserved.