福岡県レッドデータブック

文字サイズ
文字サイズ「小」に切り替えます
文字サイズ「中」に切り替えます
文字サイズ「大」に切り替えます
検索

種の解説

マルコガタノゲンゴロウ

学名:Cybister lewisianus Sharp, 1873

しおりを挿む

RDB2001概説

分類群 昆虫類
目名 コウチュウ目
科名 ゲンゴロウ科 Dytiscidae
RDB2001カテゴリー 絶滅危惧Ⅰ類
生息状況・危機の状況・選定理由 1930年代に「福岡」という分布記録があるのみで,その後少なくとも60年以上全く記録がない。九州では,熊本県の天草下島だけで生息が確認されている。
分類・形態 体長約21mm~26mm。体は卵形で,比較的厚みがある。背面は,緑色~褐色を帯びた黒色で雌雄とも強い光沢がある。触角・口肢・脚は,黄褐色である。上翅には,条の点刻列がある。腹面は主に黄色~黄褐色で強い光沢があり,後胸前側板・拡幅節側方などは黒い。前胸背板から上翅の側縁部は,淡黄色に縁取られる。
分布(県外) 本州(青森~広島),四国(徳島),九州(熊本の天草下島)
分布(国内) 中国,インドシナ半島など
生活史・生態・生息地 成虫は,主に弱った魚や動作の鈍い水生昆虫などを捕らえ,強力な顎でかじり取って食べる。幼虫は動くものは何にでも反応し,大顎で捕らえ,消化液を送り込み,体外消化して吸い込む。成虫越冬で,水中から出て落ち葉の下や土中などで越冬するものと思われる。越冬成虫は4~7月に水草の茎に穴をあけ,1個ずつ産卵する。孵化した幼虫は約2カ月で成虫になる。通常2~3年は生きるようである。生息地は,主に平野部の水草の多いため池である。
生息環境
  • 湿原・池
執筆者 (松井)
補足情報

2014版データを見る

Copyright © Fukuoka Prefecture All right reserved.