福岡県レッドデータブック

文字サイズ
文字サイズ「小」に切り替えます
文字サイズ「中」に切り替えます
文字サイズ「大」に切り替えます
検索

種の解説

モウセンゴケ

学名:Drosera rotundifolia L.

しおりを挿む

改訂版RDB2011概説

分類群 維管束植物
科名 モウセンゴケ科
RDB2011カテゴリー 絶滅危惧Ⅱ類
RDB2001カテゴリー 絶滅危惧Ⅱ類
選定理由 県内では稀に見られ,日当たりのよい貧栄養な湿地や水の滴る崖斜面などに生育する。丘陵地の小湿地では,湿地の乾燥化や開発,園芸用の採取などにより,個体数が減少,あるいは消滅した場所もある。[1]
危機要因 湿地開発 園芸採取
分布情報 北九州市小倉南区,苅田町,行橋市,小郡市,福岡市早良区など
MAP
種の概要 日当たりの良い湿地に生える多年草で食虫植物
特記事項 玄海,北九州,耶馬日田英彦山国定公園指定植物
生息環境
  • 湿原・池
補足情報

2001版データを見る

Copyright © Fukuoka Prefecture All right reserved.