福岡県レッドデータブック

文字サイズ
文字サイズ「小」に切り替えます
文字サイズ「中」に切り替えます
文字サイズ「大」に切り替えます
検索

種の解説

タカブシギ

学名:Tringa glareola Linnaeus, 1758

しおりを挿む

改訂版RDB2011概説

分類群 鳥類
目名 チドリ目
科名 シギ科
RDB2011カテゴリー 絶滅危惧Ⅱ類
RDB2001カテゴリー 絶滅危惧Ⅱ類
IUCNカテゴリー LC経度懸念
選定理由 県内ではかつては淡水湿地性のシギとして最も普通種の中の1種であったが,近年生息環境の悪化により渡来数は減少している。生息環境である水を張った休耕田や水田,ハス田の減少が渡来数減少の一要因と考えられる。
危機要因 湿地開発 乾田化
生息状況 旅鳥として渡来し,県内各地で見られるが個体数は少ない。顕著な減少傾向が見られる。
分布情報 北九州市曽根新田・吉田,宗像市曲,福津市津屋崎,福岡市瑞梅寺川河口周辺,柳川市大和干拓,橋本干拓などで見られる。
MAP
種の概要 全長21.5cm。ユーラシア大陸の中緯度地域で繁殖し,中国南部,東南アジア,オーストラリア,インド,アフリカで越冬する。日本では旅鳥として渡来するが,沖縄では越冬する。水田,湿地,河川などに渡来し,昆虫類,ミミズ,甲殻類などを捕食する。
特記事項 特になし
生息環境
  • 河川
  • 湿原・池
  • 水田・水路
  • 河口・干潟
補足情報

2001版データを見る

Copyright © Fukuoka Prefecture All right reserved.