福岡県レッドデータブック

文字サイズ
文字サイズ「小」に切り替えます
文字サイズ「中」に切り替えます
文字サイズ「大」に切り替えます
検索

種の解説

ミヤマセセリ

学名:Erynnis montanus (Bremer, 1861)

しおりを挿む

改訂版RDB2014概説

分類群 昆虫類
目名 チョウ目
科名 セセリチョウ科
RDB2014カテゴリー 準絶滅危惧
RDB2001カテゴリー 絶滅危惧Ⅱ類
選定理由 1980年代後半から公式の記録が急減し,特に福岡市内の産地では油山にわずか残存するほかはほぼ絶滅状態にあった。本種の生息地であるクヌギ,コナラの二次林の減少が,本種の衰亡の主要因と考えられる。しかし,最近本種の食餌植物であるクヌギ類が各所で植林されたことなどにより個体数の回復がみられる。年1回3~4月に発生する。幼虫の食草はブナ科のコナラ,クヌギ,カシワなど。
分布情報 福岡市,宝満山,若杉山,北九州市,うきは市,三池山,八女市,英彦山,築上町,豊前市など。
MAP
生息環境
  • 低地森林
補足情報

2001版データを見る

Copyright © Fukuoka Prefecture All right reserved.