福岡県気候変動適応センター

近年、気温の上昇、大雨の頻度の増加や、農作物の品質低下、動植物の分布域の変化、熱中症リスクの増加など、地球温暖化による気候変動の影響が全国各地で顕在化しています。福岡県においても、各分野で影響が見られ、気候変動による被害を防止・軽減するための取組みが必要となっています。そこで、気候変動適応法(平成30年12月1日施行)に基づき、気候変動影響や適応策に関する情報の収集・発信拠点となる「福岡県気候変動適応センター」を設置し、福岡県における気候変動の影響による被害の防止・軽減策(適応策)を推進します。

- お知らせ(新着情報)-