感染症

border

結核

結核とは

 結核は結核菌という細菌により、主に人の肺に病気を起こします。結核菌は、感染している人の咳やくしゃみで感染することがあります。昭和20年代まではたくさんの患者がいましたが、薬の開発や法律を作ったことにより激減しました。ところが、平成9年に新たな結核患者の増加などがみられ、平成11年に政府は「結核緊急事態宣言」を行いました。福岡県は、新たに保健所等に登録した患者数が過去10年間全国平均よりも多く、平成22年では全国で12番目に多い県となっています。そこで、平成24年度から福岡県では結核菌の遺伝子検査を開始しました。

遺伝子検査

 結核菌の遺伝子にはVariable numbers of tandem repeats (VNTR)と呼ばれる、決まったDNAの配列が繰り返して並んでいる領域が存在します。この領域は反復配列数が変わりやすく、この反復配列数を比較することにより、ある人とある人から検出された結核菌が同一の感染源によるものか調べることができます。

Variable numbers of tandem repeats (VNTR)