Fukuoka Institute of Health and Environmental Sciences
福岡県保健環境研究所
092-921-9940
〒818-0135 福岡県太宰府市向佐野39
 食中毒とは「食品、添加物、器具または容器包装に起因した中毒」として、食品衛生法(第58条)に記載されています。つまり、食中毒とは、「食品」や「その食品の調理加工に使用する添加物・器具・容器包装」を原因とする健康被害です。その症状は原因によって様々で、下痢、嘔吐などの消化器症状が中心ですが、意識障害、麻痺などを引き起こす場合もあります。

 食中毒の原因は、大きく分けると以下の5つに分けられます。


1.  細菌 
    サルモネラ、カンピロバクター、ウェルシュ菌、黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ、腸管性出血性大腸菌、セレウス菌など

2. ウイルス
    ノロウイルス、E型肝炎ウイルスなど

3. 化学物質
    (ア)化学物質等:食品添加物、農薬など
    (イ)有害性金属:カドミウム、鉛、スズ・有機スズ、有機水銀
    (ウ)その他:油脂の変敗、放射性物質など

4. 自然毒
    (ア)植物性自然毒: カビ毒、毒キノコ、植物毒など
    (イ)動物性自然毒: フグ毒、麻痺性貝毒、その他の魚毒など


5. その他  
     (ア)寄生虫・原虫: アニサキス、クドア・セプテンプンクタータ、クリプトスポリジウムなど


※福岡県保健環境研究所では、食中毒(疑い)事例が起きた際には、病理細菌課、ウイルス課、生活化学課でこれらの病因物質を特定する業務を行っています。
年報
アクセス
食品衛生
トップページ
研究所紹介
研究概要
啓発資材
リンク集
copyright©2013 Fukuoka Institute Health and Environmental Sciences all rights reserved.

食中毒について